PrimeGate Helium良くある質問

Tayoriのサイトに飛びます

PRIME GATEよくあるご質問
PRIME GATEはIoT通信ネットワークを構築する為の通信端末(ホットスポット)を全世界に広げる為の事業を展開するグローバルデベロッパーのメンバーシップです。

参加者が少ない初期(現状)では、ホットスポット1台当たり、100枚~200枚のHNTのマイニングができています(米国の実績)。また、マイニングの効率はホットスポットの電波送受信状況やホットスポット間の設置密度により、変動してきます。

仮に月100枚のマイニングができると仮定して、1HNT170円として計算すると、月間17,000円のリターンが見込めます。これに加えて、シティ・デベロッパーとして参加することで、シティ報酬や紹介者設置報酬等を得ることができますので、57,000円の初期投資は3~4か月で回収ができるものと思われます。

57,000円には、ホットスポットの費用及び各種登録代行費用も含んだ費用となっているため、基本これ以上の費用が請求されることはありません。

但し、ホットスポットの設置場所(自宅の中での設置場所という意味ではありません)を何度も変更する場合は、費用が発生すると言われています。こちらについては公式のアナウンスを待つ必要がありますが、通常の利用において追加費用は発生しません。

ホットスポットは、電源が取れる場所に設置する必要があります。また、有線LAN又は無線LANにて通信できる環境である必要があります。

ホットスポットはできるだけ障害物の少ない場所に設置することが望ましく、網戸がある場合は、通信効率が落ちると言われていますので、なるべく網戸のない見晴らしのよい場所に設置することで、マイニング効率が上がります。

ホットスポットによる通信はLoRaWAN規格に準拠しており、強固な暗号化アルゴリズム(AES)により暗号化されており、現状技術において通信内容が盗聴されることは、まずあり得ないと思われます。

ホットスポットを自宅の設置し、自宅のネットワークに接続することによって、自宅内の通信情報が漏洩するというリスクも限りなく低いと考えてよいと思います。Heliumはオープンソースのシステムとなっており、アルゴリズムの脆弱性や不正なロジック等は第3者がモニタリングできる状態になっており、その点においても安心できると考えます。

通常、全国を網羅的にネットワーク網を敷設しようとすると膨大な費用が必要になります。ドコモ、ソフトバンクなどは数兆円規模で投資をしています。

Heliumはこのような中央集権的なネットワークではなく、IoTのアクセスポイントとなるホットスポットをピープルネットワークの参加者に用意してもらい、それらのホットスポットを相互に接続することにより、全国的なネットワーク網の構築を目指しています。

このような分散型のネットワークを構築することにより、インフラ投資コストは従来方式より圧倒的に引き下げることが可能になります。

Helium(ピープルネットワーク)の参加者は、通信インフラを提供する代わりにその報酬を受け取ることができるというものです。

Helium IoT Mining(ヘリウム IoT マイニング)