契約書の記入方法

Contract

契約書の記入方法

申込フォームの送信・入金が完了すると、数週間~1か月ほどで「Sign Now」という件名でメールが送られてきます。

「View Document」をクリック(タップ)するとDocusignのサイトに飛びます。

「始めましょう」をクリック(タップ)します。

契約書が開きますので、必要項目を入力していきます。

各ページの右下には、イニシャルをサインする場所がありますので、各ページにサインをしていきます。サインは手書きする方法とイニシャルを自動で手書き風に変換する方法があります。

自動で手書き風のサインを作成する場合は、Type Your Initalの欄でイニシャルを入力すると、自動でサインが作成されます。サインのデザインが気に入らない場合は、「Change style」で気に入ったサインを選択します

順次画面の右下のイニシャルをサインしていきます。2ページ以降はイニシャルをサイン欄をクリック(タップ)するのみで、自動でサインが入力されます。

9ページ目に氏名・住所を入力する欄があります。

  氏名はローマ字で入力

  住所の上段は、番地を入力

  住所の下段は、市町村、都道府県、郵便番号を入力

  一番下の国は「Japan」と入力

住所が枠内に収まらない場合は、郵便物が届く範囲で省略して記入しても大丈夫です。(字や大字を省略する等)

11ページ目に氏名・フルネームのサイン等を入力する欄があります。

フルネームのサインは、イニシャルサインと同様に手書き、自動変換で入力できます。

一番下のTitle欄はシティディベロッパー「City Developer」と記入します。

※シティディベロッパーで参加を希望されない方は契約書の書式が異なると思います。

以降は、17ページまで右下のイニシャルサインを記入していきます。

全ての項目が入力が完了すると、画面右上の「やりました」ボタンが押せるようになりますので、間違いがないことを確認の上、このボタンをおします。

これで契約書のサインが完了です。以後修正はできません。必要に応じて契約書の控えをダウンロードしておきます。

申込関連の手続きは一旦完了です。以後Prime Gate側でサインされた契約書の返却とホットスポット端末の送付を待つことになります。楽しみに待ちましょう。

Helium IoT Mining(ヘリウム IoT マイニング)